teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


経済学

 投稿者:ルカ  投稿日:2018年 5月 5日(土)07時44分3秒
返信・引用
  >ソーラーパネルの発電能力がショボ過ぎて
>ソーラーパネルの生産に必要な電力と
>まったく折り合わないのだそうで。

そうでした。
でも、ソーラーパネルの効率はだんだん上がってきて、
いつだったか元を取れるようになったと読んだ記憶があります。
ちょっとnetを見ると、今だと2~3年位なんでしょうか。
データのとり方とか、素人には分かりませんけど。


>要は、人の気分で左右されるコトだから、
>実証や予測が不可能で、全部、結果論でしかないのだとか。

人の気持ちを予測したり
動かしたりするのは難しそうですね~。

実験するにも制約は多そうです。
 
 

電気自動車と物理のセンセ

 投稿者:問わず語り  投稿日:2018年 5月 4日(金)11時57分17秒
返信・引用
  >自動化電化後のエネルギー
物理学の教授が、
「電気自動車がエコだと言うのは間違いだ」と
ずっとゆ~ておりましたな。

なぜなら、結局、燃料を燃して電気を作るより
効率のいい発電方法が無いからなのだそ~で。

とりわけ、太陽電池をボロカスに言ってて
ソーラーパネルの発電能力がショボ過ぎて
ソーラーパネルの生産に必要な電力と
まったく折り合わないのだそうで。

電化とか自動化とかで、
パッと見エコっぽくなってても、
実際は、石油依存型のエネルギー事情は同じなんですと。

奇妙なコトに、私が小学生の頃、
「石油はあと50年で枯渇する」って言われてたのに、
未だにジャンジャン湧いて出てる不思議な幸運にも恵まれてますが。

>経済の話
「心理学と経済学は学問ではない」って
ワケ知り顔で語る御仁も居るそ~で、
要は、人の気分で左右されるコトだから、
実証や予測が不可能で、全部、結果論でしかないのだとか。

でも、経済の自由化とか、国際化とかの行く末は、
ハナから見えてたワケで、
詰まるトコロは弱肉強食に帰結するのでせう。

かの小泉改革によるグローバル化で、
日本は着実にアメリカ型資本主義にドップリですが、
それも、小泉が悪いワケでも、
竹中平蔵が悪の手先だったワケでもなくて、
世界的な経済の流れが、そう言う流れだっただけのコト。

そのうち、アマゾンとセブンイレブンが在れば、
他に何も要らない世界になるんでないの?
コンビニで、日に4時間の勤務に就ける人が、
高給取りのエスタブリッシュメントと、
羨望を集める、そんな世界になるのかもね。
 

仕事の自動化等に関連して

 投稿者:ルカ  投稿日:2018年 5月 3日(木)13時24分2秒
返信・引用
  AI等の進歩に関連して、以前から気になっていたことがあります。

様々な仕事がロボット化されて、人が働かなくてよい方向に社会が進んで行くでしょうが、
人の働く分を機械がするようになれば、おそらく電動化していくんでしょうけど、
エネルギーの消費は増える方向になるのではないでしょうか。
それを上回る効率化は達成できるのでしょうか。
人間が働くということの意味を少し考えさせられます。

もう一つは、食料です。
自動化は効率化をもたらすでしょうが、機械が直接食料を生み出すわけではありません。
食物は死活問題と言えます。
ホンダはバイオ燃料の研究もしていたと思いますが、こういうことはあまり注目されない分野なのでしょうね。


自動化には関係ないですが、
「偽りの経済政策」https://www.iwanami.co.jp/book/b287045.htmlを読みました。
出たころに買って、そのままになってました。
経済学にいろんな考え方があり、
また、その論拠となる資料や統計がいろいろとあることがわかりました。
読むのに時間がかかり「自分は経済のことを何も知らなかったんだなぁ」というのが実感です。
一年位前の本ですから、今どんな議論がなされているのか興味があります。
 

2WD電アシチャリの今? ヒキタせんせを以てして、未だ初試乗

 投稿者:返信任者アラシ@とわある意味、  投稿日:2018年 4月 6日(金)00時49分35秒
返信・引用
  クリビツ。そんなモノ、センセ程のお立場だたーら、とっくにどこかで乗ってるモノだとばかり…てのが昨日配信された、↓読んだ感想。

>■両輪駆動の電アシ自転車
>
> 4月になって、もう一段落したけれど、先月先々月の自転車テレビCMは、久々に活況というのか、出稿量が多かったっすね。テレビコマーシャルで自転車を見る機会が激増した。
> もちろん、新入学の中高生など、新しい生活に向けた「電アシ自転車」の広告だ。
> いやもう各社、必殺の女子高生攻め(笑)。
>
>【ブリヂストンの両輪駆動】
>https://www.youtube.com/watch?v=rj1DHe2ed0M
>【パナソニック「TIMO」はご当地もの】
>http://cycle.panasonic.jp/movie/
>【ヤマハ「青春アシスト」】
>https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/teen/index.html
>
> わはは、見事に大手3社、女子高生のそろい踏み。そうだよなぁ、女子高生はウケるよなぁ。私も好き(笑)。
> でも、じつはヤマハのパスだけ、メインは女子高生ものではなく、若いママもの。
> 新入学キャンペーンとは別に「電アシ自転車発売四半世紀!25周年記念!」ということで、やはりヤマハは「世界初の電アシ自転車メーカー」なかなか気合いが入ってた。
>【ヤマハ「PAS」】
>https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/campaign/25th/
>
>■それにしても「両輪駆動」の意外な乗り味
>
> ところで、今回の3社の中、実際に私が乗ってみて「おおっ?」と思ったのが「両輪駆動」のブリヂストンだった。「両輪駆動ねぇ。ふーん、どうなのかなぁ」とか思いながら試してみたら、おや、上り坂、のぼりやすい。
> もとよりフロントにモーターがあるってのは、じつは海外ではそんなに珍しいことじゃない。コスト面も有利だと言われていた。そこに信頼の国産ハイクオリティ。パナソニックも以前から同じシステムをラインナップに揃えてる。
> 案外、悪くない。乗る前は、自転車でFFとFR、2WD(クルマなら4WDということね)の違いって分かるのかな? なんて思ってたんだけれど、ふむ、これはこれでありだ。
> ただハンドリングには若干の好みの差は出るかな。特に低速で曲がるときに「おっ?」と思う人もいると思う。
>
> それにしても、……そうか、両輪駆動。
> 2つもモーターがあって、重くならないのかな? なんて思ってたんだが、あれ? よく見るとモーターは前輪ハブだけ。後輪(というかBBまわり)にはないぞ。
> じつをいうと、メーカーも「前輪モーターアシスト、後輪ベルトドライブ」みたいな言い方をしていて、なるほど、両輪駆動というのは、両輪モーターってわけじゃないんだ。
> 前輪はモーター、後輪はペダル人力(ただしチェーン伝達じゃなくてベルト伝達)。んで、あわせて両輪駆動という意味なんだそうな。
> ふーむ、なるほど。
> はてさて電アシ春の陣、大手3社の勝負やいかに。


 そういや、出始めの3年前に詳細レポ出てたよな?と思い出す。
http://ascii.jp/elem/000/000/981/981794/

 現在は↑から更に進化してる筈で、こんなラインアップでRと。
https://www.bscycle.co.jp/news/release/2017/4465

 ヒキタせんせ記述のやうに、そもそもこうした方がコスト的にも…ってんなら、何故パナ以外のトコも2WDに乗り出してこないんでせうね?。

 まぁ石橋さん系のどっかへ行けば試乗できるんだろけどね。その内乗ってみたい所存。でもチラっと愚愚ってみた感じ、ふつーの店に(買いもしないのにw)それだけの為に逝くたぁ、その横の倍苦ギョーカイ同様、中々般pにゃ敷居が高いにょ、と改めて(ry
 

TV乳酢で見てたら春分の日わ、関東圏の山の方わ雪が大変ですた

 投稿者:返信任者アラシ@とてもじゃない  投稿日:2018年 3月23日(金)22時32分6秒
返信・引用
  …けど、スタッドレス履いてないと箱根も奥多摩もアレじゃ無理。

 こちゃらわ2週間ほど前に夏鯛屋に換装済で、も1回スタッドレスに戻せ言われたらまん●臭くてヤだなー。とゆー意味で結論はやっぱオールシーズン鯛屋でつか。

 と書いた所で、出し忘れのストックネタから、あちゃらじゃそゆトコどーなんけ?とゆーレポを蔵出し。北米ワイコ。

>さて、先日も雪のために被害が出ていると書きましたが、また先週も福井では
>1400台とも言われる立ち往生や、フランスのパリでは雪の為の渋滞が740km、
>そして私のいる北米でもアイオワ州で70台を超える玉突き事故が発生していま
>す。今年はかなり雪による被害が大きいようです。
>
>アイオワ州での玉突き事故は、事故発生時のビデオを見ていると、スリップ事
>故で前が塞がった高速道路に次々と後続車が突っ込んでくる様子がわかります。
>
>特に事故をひどくしたのは大型トレーラーが何台も高速で突っ込んできた為で
>はないかと思われます。(死者一名、重傷者が数名出ています)
>
>当時の路面は降雪状態ですが路面は見えていて、一見スリップしなさそうにも
>見えますが、実際は溶けかけた雪が積もっていてよく滑ります。北米では日本
>と違い、そう簡単には高速道路(インターステイツ)は通行止めにはしません。
>また、多少の雪では速度を落として走るような事もしません。
>
>私も経験上わかりますが、おそらくアイオワ州の事故の時の路面なら、
>時速80キロ程度のゆっくりした速度で走っていることだと思います。
>(通常時速120キロ程度)
>
>日本の感覚だと、雪道なのにとっても速度が高いと感じるかも知れませんが、
>直線で道路幅の広い北米ではこれが当たり前です。 また、大型トレーラーは
>多少の雪でも安定して走るため、圧雪路などでは逆に大型トレーラーが速度を
>上げて一般車を蹴散らすがごとく走っていくシーンをよく見かけます。
>
>今回の事故もまさにそれが裏目にでて、降り続く雪の中で突然前に事故渋滞が
>ありブレーキも効かずに突っ込んでいった…という感じでした。
>実際、突っ込んでいく車両はかなり速度が高いように思えました。
>
>日本では、雪道は滑って怖いので皆さんはゆっくり走ると思いますが、北米の
>高速道路では下手にゆっくり走っていると後ろから突っ込まれる恐怖が有り、
>なかなか自分のペースで走る事もできません。 路肩に寄せようものなら
>そのまま傾斜で奥のブッシュに突っ込んでいき、脱出不可能になる可能性も
>あります。
>
>ガードレールの無い、また周囲に何もない北米の高速道路では、一歩間違えば
>すぐに死がちらつきます。自分のしっかりした判断と的確な運転技術が要求さ
>れるのです。
>
>一番いいのは、そういう時に外に出ないこと。…なのですが、移動中にそのよ
>うな大雪にでくわしたら、意を決して進むか、早々にインターチェンジを降り
>て一晩やり過ごすような覚悟が必要です。その為、車内には毛布を積んで、
>ガソリンは常に半分以上はキープせよ、とよく言われる所以です。
>
>日本でもこのような備えは有効ですね。
>皆さんも雪道のドライブは気をつけてください。


>漸くメイワンせんせの「棋士とAI」読了。

 お隣の碁の世界ぢゃ、結構知らなかった事も多く、総評としてわ読んでも読まなくてもいいような新書が多い中、これわ値段の価値は十二分にありますた。例のイ・セドルvsアルファ碁舞台裏の詳細が載っててソコも満足。

 ただ、全く碁を知らないヒトが読むとチョッチ辛い部分があったのでわ。誰かサンみたい超初心者レベルで構わんから、少し齧った経験あると、各図面等も分かり易くてよく頭に入ってくるとおもー。

 この本の価値は、現役TOP棋士が書いたってトコでせうね。将棋の方は意外にもそうでわなく、記者とかライターとか学者センセとかプログラマーとか、が書いた本は結構あるけど、TOP棋士自身がここまで書いたものは実は1冊も存在せず。
#一番近いのが、NHKと共同で永世七冠センセが出したAIに関する新書だけど、アレわ将棋とゆーより、AI全般についての本だたからなー。

>AIについて、知らないこと、わからないことが、思っているよりずっと多いようです。

 将棋の方でもAI使う部分になってくると、どこをどうやったらどう強くなるか、とかゆー部分が段々分からなくなってくる(あちゃらで著名なプログラマーの山本一成せんせわ"ブラックボックス化"とそれを呼んどるが)らすぃ。結果的に、改造前と改造後のソフトを何百回何千回と対戦させた勝敗結果確率で、そのトライがヨカタのかダメだたか、を判定するとか。

 で本書は岩波発だけど、慎重社内でも絶賛だたらすぃ。
http://kangaeruhito.jp/articles/-/2415
 とゆーよーに世評も高しなので、碁とAIに多少でも知識があって関心あるヒトは是非。
 

件の本は大分前から積ん読状態でRので、感想は今暫く待ってちょ

 投稿者:返信任者アラシ@お忙氏に加え、  投稿日:2018年 3月12日(月)23時40分31秒
返信・引用
   昨日は当自治体・年イチ恒例の大会だたので、それ用に山篭り特訓(?)に時間を割いてた事もRり、尚更。昨年は3位だたので、勿論今年はそれ以上の結果が目標(※3位以上はジモチー自治体官報に名前が出る)。

 しかし土曜にやった直前練習会での結果かどーもイマイチ。手がワリに見えるので調子がいいのかと思いきや、途中でずっこけて結果が付いてこない対局も幾つか。不安抱えたまま昨日当日を迎える。

 今年のクジ運は最悪だぁ…予選は所謂"死の組"に組み入れられる\(ToT)/(Wカップ同様、4人1組)。最初からこんなドイヒー組合せでダイジョビかいな、と思いきや、初戦は敵失で拾い、2戦目わ逆に好局を自ら転んで落とす。決勝Tへ逝けるかどうかわ次の3戦目結果次第って事になったが、中盤かにゃり形勢悪く。延々辛抱してるウチにギリで好転し、何とか2勝1敗で勝ち上がる。

 漸く決勝Tへ上がれたと思ったら、そこでの所詮わ昨年優勝の、往復ビンタで負けたセーガク君。まさか引き摺って3連敗する訳にいかんぜよ、と根性出した結果がヨカタか、何とかねじ伏せられた。これでbest4。

 準決勝は、もう何十(いや何百か)と対局繰り返してきた、約四半世紀分ほど年上の、いつもの好敵手のヒト。対戦成績も通産五分五分ほどでわなかろうか、って感じ。ちょっと序盤欲張った展開にしようと思ったのが裏目に出て、予選組最終戦よりもかにゃりドイヒーのど必敗状態に。泣き泣きで延々耐えてきた、もう99%負けの状態のを、終盤相手が時間が無かったこともあってかウカーリ大悪手を…そこを見逃さず追い込んで、奇跡の逆転勝ち。

 しかしここまでの連戦でかにゃり疲労が蓄積してたセイか、折角の久々の決勝戦まで進んできたとゆーのに、どーも集中力が切れてる感じ。一方決勝相手は、不戦勝の山を1回引いてるので、体力温存は十分。

 スタートして割合すぐにその悪影響が…中盤入口早々で、悪手を指してしまい、以降挽回の余地も無くズルスルと。。。結果、準優勝で終わりました土佐。去年よりもヨカタ結果とわ言え、残念無念。少しは某・厨房6段センセのオツムがほしのげん。


 といつものソッチ方面話ばっかじゃ何なので、件の本の事もRり、お隣ギョーカイで最近個人的に注目してる話。っつか、ソッチ方面なヒトビトにとっては何を今更、状態であらうが。

 ほぼ人類TOPを袋叩きにしたAlphaGoの、更に新バージョン「AlphaGo Zero」の話もどっかでかいた肝刷るが、具体的にわこんな感じ。特に、70h経過後の布石は中々新鮮。そっちギョーカイ齧ってきたヒトにわ言わずモガモガであらうけどね。
https://gigazine.net/news/20171020-alphago-zero/
 開発するに際し、開発者の碁の実力なんて最早全く関係ナッシングになってるトコに注目。

 このレベルまでは逝ってないけど、国産でも「AQ」なる、中々興味深しなのがノシてきてまつね。初めて読んだのは丁度1年前のコレだたか。
https://ameblo.jp/deeper810/entry-12257949127.html

 ↑を受けて書かれたと思しき↓。碁どころか、プログラムにもど素人のヒトが手かげた…ってことでその筋では結構話題に。
https://mainichi.jp/articles/20170426/org/00m/040/003000c

 そして1年後、AQがどれ位のレベルになったか、と久々記事の形で紹介が。
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13382907.html?rm=150
 流石にAlphaGo Zeroほどには…だろけど、にしても、碁にもコンちゃんにもこの程度の知識なヒトが個人で造って、この強さとわ、と驚かれてるのが実態。
#かの本でAQにまで言及されるかどうかわ、尻間線。


 最後にギョーカイを戻し、こちゃらで数年間TOPのつおさを誇った、某・著名開発者せんせの"敗戦の弁"は中々衝撃的ですた。
https://note.mu/issei_y/n/nf95db8205da3
「Alpha Zero」を超えるつおさのシステム(≒ボードゲーム汎用AIと言っても過言ではないで賞)は、まだ出てくる可能性がRのだ濾過?。最近の興味はその辺にRの余念。
 

続々AIなど

 投稿者:ルカ  投稿日:2018年 3月 7日(水)13時26分23秒
返信・引用
  「誤解だらけの人工知能」https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334043384を読みました。印象的だった部分を引用します。

>・・・・ディープラーニングを含む機械学習と言うのは、自分に与えられた学習データの枠は超えられません。今あるデータが全てだと言ってもいいでしょう。今あるデータから飛躍して想像はできません。
・・・エイブラハム・ウォルドは第2次世界大戦当時、・・・ある日、爆撃機を強化する装甲が必要な場所の優先順位を考える任務につくことになります。
・・・手元にデータは揃っていました。爆撃機の損傷には明瞭なパターンがありました。その多くは翼も胴体も蜂の巣のように穴が開いていましたが、コックピットと尾翼にはその傾向がありませんでした。このデータを見たウォルドは、多くの穴が開いていないコックピットと尾翼に装甲を施すことを提案します。
彼は、今手元にあるデータが「帰還した爆撃機のデータ」のみであり、「帰還しなかった爆撃機のデータ」が含まれていないことに気づいたのです。・・・・


>・・・はまるで人間のように雑談ができているように見えていますが、コミュニケーションがキチンと取れている範囲は、実は狭いのです。
雑談できていると感じるのは、話を逸らす技術がうまいからです。ちょっと分からないと話をうまく逸らす、あるいは曖昧な返事をする。そういう返し方が得意です。
できる内容、できない内容を明確にして、使える範囲で使うというのがチャットボットの現状でしょう。人間の代わりに対話をこなすというのはちょっと難しいのではないでしょうか。
人間の話す「言葉」には、ものすごい数の「意味」が含まれています。人と人との会話は言葉が持っている「意味」を理解することで成り立ちます。・・・
でも、人間は当たり前のように、あるものに対し、本来の意味以外のイメージを抱いてしまう。自分の持っているイメージを「言葉」に紐付けてしまうのです。・・・
人工知能を作ることは、人間と同じ認知の方法で、人間を解釈することと同義だと僕は思います。でも言葉の場合、1つの言葉に紐付く情報が多すぎて、全てを認知できない。・・・
結局、人工知能を作ろうとする人間が、そもそも人間を理解していなかったのです。チャットボットを扱う業界で、話題作り以外に、例えば生産性向上といった成果が出て来ない理由は、この点に集約されるのではないでしょうか。・・・・


ここではイメージについて触れられています。イメージはことばだけでなく、画像や音にも結び付くものではないでしょうか。
そして各人それぞれに違います。それは個性と言えると思いますし、
そのことが生きづらさにつながったり、精神の病に結びついたりすることがあると思います。
ロボットは心を病むことはないだろうと思っていました。



>・・・・人間の創造力は、膨大な数の因果関係の推察と、膨大な数の「あり」「無し」を含む意味の理解で成り立っているわけです。強い人工知能というのは、この創造力の再現だと言ってもいいかもしれません。いや、妄想力と言った方がいいかもしれませんね。強い人工知能には自我があるとか心があるとか、それは別の話です。また弱い人工知能が統合されて汎用性を持つというのも、また別の話です。弱い人工知能がどれほど統合されようが、意味を理解できなければ弱いままなのです。・・・・


>・・・・意味を理解する人工知能が登場すると、例えば接客などの対人コミュニケーションや秘書などのイレギュラー対応が必要な業種でのニーズが一気に高まるでしょう。なぜなら、それまではイレギュラーなデータを全部教えないといけなかったのに、今までの状況を表すデータや、それ以外の社会常識のデータから、教えられていないけれど類推が可能になれば、イレギュラーなデータをそろえる必要が無くなるからです。つまり少量のデータでも十分に人工知能が稼働するのです。そうなると一気にシンギュラリティに近づくでしょう。・・・・


また、人は脳損傷によって言葉を使うことが不自由になっても、状況判断ができます。感情は保たれます。
残された能力を用いて、状況を改善し、人間関係を保とうとするでしょう。
また絵を描くなど芸術的な活動もできます。
言葉が不自由になっても、人は非言語的に考えることができるということを改めて考えました。
 

縦置きV4

 投稿者:ルカ  投稿日:2018年 3月 4日(日)19時09分32秒
返信・引用
  昨日、高速道でCTX1300に二回追い越されたような気がします。
私は二回ともトラックの後ろについてたのですが、同じバイクだったのかなぁ?

実際に走ってるの見たの初めてですが、
そういう場面がよく似合うバイクだと思いました。
存在感があって、個性的で、洗練されている。

出たときはヘッドライト回りがゴツすぎるように感じましたが、
それでもホンダのデザインを引っ張っていくようなバイクになるのかも、と思いました。

なかなかカッコよかったけど、もう販売してないんでしたね・・・。
 

続AIなど

 投稿者:ルカ  投稿日:2018年 2月16日(金)11時48分49秒
返信・引用
  岩波新書「棋士とAI」https://www.iwanami.co.jp/book/b341733.htmlを読みました。
第Ⅱ章から印象的だった文章を引用すると、

>将棋のように、王様を取れば終わるなど、局面の特徴が明白なゲームは、それに応じた評価はしやすいのです。囲碁は石一つ一つの機能はすべて同じですので特徴がつかみにくい。

>囲碁は将棋などと違って、石(駒)は動かないので、部分的な形は変わりません。無駄を省くため、形が変わっていないところは、前に読んだものの結果を、そのまま使うところがあります。

>ポーカーAIの開発者はソフトの長所を、「相手のあらゆる手段に対して対応できること」としましたが、それは囲碁にそのまま当てはまることでもあります。囲碁のトッププロが優れているところは、特定の手段に対する深い読みよりも、相手がどのように攻撃してきても困らないよう、局面をコントロールすることです。そういう意味でアルファ碁のシステムは不完全情報ゲームと無関係ではありません。・・・アルファ碁ゼロも学習効果を確率のかたちでやり取りしていますが、その形がさらにシンプルになり、精度が上がっています。AIが確率を使っている限り、最善手がわかるわけではありません。しかし人間との差は広がっていくようになるでしょう。一見たよりない確率による評価は、結果的に人間の判断より正確になります。・・・・


囲碁はルールも知らないので、読んでいてなるほどと思わされることが多いです。
棋士という専門的な立場からAIを見て、


>ディープラーニングは現場での細かい調整がいまでも重要なようです。論文にすっきりした形でまとめられない部分は多々あるかと思います。また公開しようにも、データがありすぎて、なにが重要なのか、人によって見方が分かれることでしょう。それでももっと開発側から、「本当のところを話し、それを知ってもらいたい」という熱意を感じたいと思います。・・・・

>AIに関して、開発者以外のほとんどの人は、限定的に公開される情報を見ては右往左往し、あるいはさせられています。これは囲碁界にかぎることでしたら、ある程度笑ってすまされますが、社会に影響を与える分野でも同じようなことが起こります。情報の放出内容次第で、世論のコントロールにつながることも忘れてはならないでしょう。AIがこれから生活に浸透していっても、今の図式が続くのであれば、社会とのずれは埋まることはないでしょう。・・・・


と書かれていますが、AIについて、知らないこと、わからないことが、思っているよりずっと多いようです。
3章以降は、人とAIの碁の打ち方の違い、過程とストーリー、部分と全体、AIの得意なこと、人間が誤解しがちなこと、
AIで碁を学んだら、「碁」と「打つ」、人間らしさの価値と多面性、AIに適した仕事などについて触れられています。

 

強いプログラムを作るためには、将棋の実力が必要となる>???

 投稿者:返信任者アラシ@大先生といえど  投稿日:2018年 2月 9日(金)00時04分3秒
返信・引用
   それわ流石にどーだ濾過?。

>人工知能にディープラーニングをさせるにしても、その初期設定は人間が行う必要があり、
>そこには幅広い知識とセンスが不可欠であると思えるからです。・・・

 そのゲーム分野のプログラミング駆け出し時代の頃だーたら、そう鴨試練が、大体の分野においてそんな時期わとっくに---糸冬 了---したとおもー。

 将棋分野でわ、今日…どころか十年前に既に、プロ同等級のつおさを誇ったBonanzaの開発者のヒトは、全く将棋が弱かった。どころか、対局終了時の作法的にどうやればいいかすら分かってなかった可能性がR:

 当時の渡辺竜王vsBonanza戦で、Bona側がほぼ負けそうになった時、開発者の保木とゆーセンセが小声で「スンマソン、投了ってどうやればいいんでつか?」と関係者に尋ねるシーンが映るが、当時TV前でそれ見た時、「マヂか!?(@o@)」と茶を噴き出しそうになりますたよw 今でも時々BSで定期的に再放送されるので、次回放映時に各人確認されたし。

…とゆーくらいに知らなくても全然つおいソフトはスクラッチから作れちゃうので、「開発者自身のつおさなんて要るのかしらん?」てのわ大疑問。

 囲碁の今の世界もそう余念…アルファ碁、いや更にそれを負かすAIなんか、その開発陣の中に、碁のつおいヒトなんて最初から誰もいない飢餓しまつ。図形認識ベースと伝え聞くけど、そこにヒトの思考なんて入る余地あるのかしらん。

 将棋分野でも、TOP2と言われるソフトのそれぞれわ、もう設定をヒトがやってるなんてレベルじゃないでつ。その片っぽの開発者のヒト自ら曰く、パラメータ設定箇所が1億ヶ以上あるそうで、そんなモンとても人力で設定できまへんがな。(それを参照してる、元のソースコードすら、完全人力だけで書いてるなんてイメージとは最早全く違うでせうね。)

 国民栄誉賞間近なセンセも、NHK特番でその辺アチャラ現地で実際見物してきた筈なのに、その理解度って???、と心配になってくる強行の誤路。


 ちなみに来週末、公式戦でいよいよ化け物厨房センセと当たるが、ここでズバリ、「永世七冠せんせ敗北!」、と予言しときませうか。
#ちなみに非公式戦では2局やって1勝1敗。
 

レンタル掲示板
/267