teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10月8日投稿の永川様へ

 投稿者:重松 正一メール  投稿日:2008年10月10日(金)06時59分19秒
  戦没者の現地慰霊巡拝は大きく分けて以下の4通りあります
①日本遺族会主催の巡拝、 自己負担は10万円のみ 住居地の遺族会に申し込み
②厚生労働省の主催、永川様の場合は東京都の住居地の区の社会福祉課(名称が違うかも知れません)総費用の3分の1を自己負担
③住居地の都 府 県の遺族会主催 、県により若干の補助がある
④民間の部隊遺族会の巡拝団に参加 以上ですが 分かりませんが今回の場合は③ではなかったのでは
以上4通りあり検討されては如何ですか 詳細ご希望なれば改めて記述します

http://www.sakai.zaq.ne.jp./hohei13/index.html

 
 

平成20年度政府派遣インドネシア慰霊巡拝

 投稿者:永川道生メール  投稿日:2008年10月 8日(水)20時51分49秒
  平成20年度政府派遣インドネシア慰霊巡拝に参加を希望した東京の永川です。
昭和16年生まれで、父親はすでに召集され兵役中で、一度も抱かれたことも無くインドネシアで戦死し、遺骨も還らない者の一人です。
国主催のインドネシア慰霊巡拝を知り、6月12日に東京都へ申し込み、9月4日参加決定者通知が届き、実施直前の9月18日になって所要経費が53万円ほどに決まったと知らされましたが、申し込み時よりはるかに多い金額なので諸般の事情により参加を見送らざるをえなくなりました。
若くして戦死した父親の分も生きつづけようと努め、質素な暮らしを心がけてきたので残念で複雑な思いです。
この度のインドネシア慰霊巡拝では国のために殉じた戦死者の霊を供養していただき誠にありがとうございました。心からお礼申し上げます。
今回巡られた戦跡や追悼式の様子を同じ遺族としてぜひ知りたいのですが、どなたか教えていただけないでしょうか。恐れ入りますがよろしくお願い申し上げます。
                                      合掌
 

すこしでも

 投稿者:山田彰司メール  投稿日:2008年10月 2日(木)14時11分44秒
  突然の書き込みで失礼致します。
私はサイパンに会社を持っているものですが、サイパンの地に入り今を見つめるなかで、多くの命が失われ、そしてその命を賭けて、今の日本を作り上げて頂けた方々にの思いで、
毎月、日本より有志を集いサイパンで慰霊祭を行っております。
次回、慰霊祭予定は2009年2月13日より2泊3日のツアーを予定しております。
お問い合わせは info@soundtec.co.jpへお願いします。

http://www.soundtec.co.jp

 

8月17日付の土井様へ

 投稿者:重松 正一メール  投稿日:2008年 9月28日(日)19時14分1秒
  ご英霊はカンギポットにて戦死公報が出ているそうですが、部隊名が分かればある程度
戦史戦跡は判明しています。永年レイテ戦没者の慰霊活動に携わってきましたので
ご希望の現地巡拝のこと等説明いたします。過日のNHKテレビ放送の取材も受けた一人で
私のHP「http://www.sakai.zaq.ne.jp/hohei13/index.html」を検索ください

http://www.sakai.zaq.ne.jp./hohei13/index.html

 

おめでとうございます。

 投稿者:鈴木  投稿日:2008年 9月27日(土)14時32分43秒
  若者の団体と合併して新たに事務所を構えるそうで、おめでとうございます。  

祖父の弟の情報求む

 投稿者:メール  投稿日:2008年 9月15日(月)09時54分12秒
  祖父の弟 岸 米彦 対象8年9月4日生まれ

昭和14年12月1日 岡山にて入隊
昭和16年1月21日 中支江蘇省 宣興県 南獄寺付近に於いて戦死 陸軍伍長

何か手がかりがあれば、連絡をお願いします。
 

祖父、及び兄弟の情報求む

 投稿者:メール  投稿日:2008年 9月15日(月)09時41分7秒
  慰霊協会様、崇高なご活動に襟を正し感謝いたします。
祖父の他界した場所の正確な位置をご教授お願いしたくて書き込みます。

祖父、岸守洋

明治44年9月9日生まれ
満州国警察官から、蒙彊自治政府顧問、関東軍特務機関に応召
昭和15年3月21日の五原事件に遭遇、
戸籍上は、五原事件で戦死となっていますが、
捕虜になり、反戦同盟の勧誘を断ったために、
劣悪な環境の中、最後まで団結心と日本人を忘れず、西安近辺の宝鶏第2警備所で亡くなっています。
私は、一度その宝鶏第二警備所跡を訪れたいと思っております。

宝鶏の街は広く、人民解放軍の施設も多いと聞きます。
現在、宝鶏第2警備所跡地を訪れることは可能なのでしょうか?
また、宝鶏第2警備所跡の正確な場所をご存知ならば、教えてきただけませんか。
お手数とは存じますがよろしくお願いします。
 

父は他界しました

 投稿者:吉田 勝メール  投稿日:2008年 9月12日(金)12時48分45秒
  ご連絡遅くなり申し訳ありません。
父(吉田 篤史)は平成19年11月20日に享年99歳で他界しましたので
お知らせします。

奈良市右京5丁目2-5  吉田 勝
 

母の思いを継ぐために

 投稿者:土井メール  投稿日:2008年 8月17日(日)14時44分35秒
  祖父がレイテ・カンギポットで戦死しています。先日、NHKの「レイテ決戦・・・」を見させていただき、初めてその詳細な事実を知りました。実家では70歳を越えた母も、その放送を見ながら奪われた父親に思いを馳せていたそうです。母は、その放送中、兵士一人ひとりやカンギポットの山姿を何度も何度も撫で、その夜は録画ビデオを抱いて泣きながら過ごしたと聞かされ涙しました。母が昔から「死ぬまでに巡礼訪問を」と繰り返しており、どこでどんな風になったのかを知りたがっていましたが、この放送後、その思いがいかに強いかを尚一層知りました。私自身も、写真にある出征時の家族の姿や祖父の若い姿を見ては胸を痛め、この繰り返しを避けるために何かをしなければと強く思い続けている一人であります。母に代わり、祖父の足跡を知って、祖父や多くの戦没者へ、追悼慰霊を行い、今の世の幸福に感謝したいと思います。そして、娘たち世代に語り継ぎたいとも思います。私が終戦記念日に誕生したことにも責務のようなものを感じたりしています。遺骨はなく石ころだけで、詳しいことはこれから調べるのですが、祖父の名前は「清野武蔵」本籍地は「徳島県那賀郡那賀川町」出征当時は「神戸」に住み「福知山から船で出征」したそうです。祖父について、何でも構いませんので知りたいと思います。何か情報をお持ちでしたら、どうかお知らせ下さい。また、母と巡礼訪問をしたいので、その情報もいただきたいと思います。何とぞ宜しくお願いいたします。  

私説公開

 投稿者:石垣眞人  投稿日:2008年 8月15日(金)15時31分1秒
  「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。
 

レンタル掲示板
/12