teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


昭和歌謡と映画

 投稿者:昭和芸能命  投稿日:2017年11月18日(土)19時06分1秒
  書籍情報~~一冊の本が小生のアンテナに引っかかりました。『昭和テンペスト/上海リル正伝』。時代背景が何とも興味をそそります。人生のほとんどを戦争に引き裂かれ、振り回され、ズタボロなりながらも、暗黒の重しの間隙を縫うようにして生きながらえた我々の親父世代の青春と風景が垣間見えるようです。  
 

ドリーム

 投稿者:昭和芸能命  投稿日:2017年10月 4日(水)18時49分2秒
  『ドリーム』〈光の森〉。職場の人に薦めたら今日観に行って〝面白かったあ〝と喜こばれました。
薦めた甲斐がありました。
 

懐かし映画グッズ展、29日まで!

 投稿者:ジョン  投稿日:2017年 9月27日(水)13時59分6秒
  くまもと森都心プラザ図書館(3階入口展示ケース)での展示も 29日(金)
までに! 入場無料で、9時半から20時半まで。

小スペースですので全ての(3万5000点余)資料は展示出来ませんでしたが、
邦画・洋画を区別して かつての懐かしい思い出の映画に出会えるように
100余点を展示しております。

感想落書きノートも置いてますので、文句でも似顔絵?でもメモして下さい
地下駐車場ありで、確か1時間100円?だったようです。
 

備えあれば憂いなし

 投稿者:昭和芸能命  投稿日:2017年 9月25日(月)11時41分49秒
  映画はともかく、無人島での殴り合いは大賛成ですね。
そもそも国を戦争という最悪の状態に至らしめること自体が政治と外交の失敗であり、最も愚劣な選択でせう。
相手がどんな卑劣な国家であっても、日頃から民間交流や経済分野で恩を売っておいて、万が一、敵対することになっても、相手がどうにも手を振り上げることが出来ないように根回ししておく、そのような長期的戦略や徹底した不戦のスタンスを貫くことこそが真の愛国者であり唯一まともな大人の政治ということでせう。
前世紀、あれだけ愚かな世界大戦に懲りておきながら少しも学習していない。
嘘でもいいから普段から仲良くしておけばミサイルなんか飛んで来ませんって。
 

アジアフォーカス6

 投稿者:ジョン  投稿日:2017年 9月23日(土)08時17分28秒
  毎年恒例の「アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2017」も、今日と明日のみ
の開催に。
下記の独自のお薦め作品も含めて、時間の許す限りジョンも9作品を鑑賞!
今年はどれも水準以上で、感動や懐かしさ等 心に沁みる作品に脱帽した!

海は広いな大きいな と同じく、世界にはいろんな人種・地域・慣習等があり、
考えが違うのは当たり前! それで戦争なんて子供の喧嘩だね!

今でも争いの国々の首脳には、強制的に 各国の映画を見せるのも一考かな?
それでも闘いたいなら、ある無人島で、首脳たちだけで 素手で 闘えばいい!
市民・国民は 中継で観るだけ。被害は無い!国連で決めて欲しいな!

アジアフォーカス作品は明日までだけど、協賛企画の「福岡アジアフイルム
フエスティバル」は26日まで開催中です。
ここの作品も優秀作がいっぱい!
「妹よ」や「ラオス竜の奇跡」はお薦め!他に「わたしはマララ」「台北
ストーリー」「おじいちゃんの里帰り」「シリア・モナムール」「京城学校
消えた少女たち」「アフガニスタン用水路が運ぶ恵みと平和」・・等
11カ国、計9作品が上映されています。(アジア美術館にて)

高速バスで2時間の隣の街へ 滅多に無い アジア映画の祭典、一度行けば
病みつきの興奮です! ジョンはおかげでもう20年?かな。。
 

アジアフォーカス5

 投稿者:ジョン  投稿日:2017年 9月16日(土)23時40分15秒
  台風に一喜一憂している小心者ジョン、少し治まってから福岡へ行こうかな。。

紹介作品5

タイ映画「ガス・ステーション」
*愛の舞台は荒野に佇むガソリンスタンド!

ガソリンスタンドのマンの元には、彼に恋心を抱く女性二人が毎日の
ように訪れてくる。いつも赤いドレスを纏っている中年女性と、毎回
異なるコスプレで現れる女子高生。でも彼には忘れられない女性がいた・・。
無国籍感漂う独特の世界観で魅せるこのラブストーリーは、タイ映画
監督協会賞観客賞などを受賞。
18日の10時~。21日の13時~。110分。 *18日の上映後、タンワリン・
スカピシット監督出席のシンポジウム有り。

タイ映画「すれ違いのダイアリーズ」(バリアフリー上映)
*タイ№1の感動作!

スマホやネットが全盛の現代に、日記を読んで会ったことの無い
彼女に恋をした・・。スポーツしか取り柄のない青年ソーンが、
ようやく見つけた仕事は、誰もが行きたがらない山奥の湖に浮かぶ
水上小学校の先生。そこには電気なし・水道なし・携帯電話もつな
がらない場所。生徒の子供たちとも打ち解けられず、孤独なソーンは
ある日、誰かの日記を見つける。それは前任女性教師の日記だった・・。
18日の11時~。110分。

日本映画「巫女っちゃけん」映画祭クロージング作品
*広瀬アリス主演、型破り巫女さんの大冒険!

神社の娘で腰掛け巫女をしている しわす は、ひょんなことから5歳の少年
健太の面倒を見ることになった。神社の裏側や礼節・作法のハウツーを織り
交ぜながら、しわす が女性として成長していく物語。
*舞台となっているのは、福岡の宮地嶽神社。
24日の18時30分~。98分。





 

アジアフォーカス4

 投稿者:ジョン  投稿日:2017年 9月16日(土)15時01分55秒
  熊本は今日の夜からが台風の猛威かな?福岡は明日が風雨強し?
自然の大変さは、去年の熊本大地震で納得?!
1年半ぶりに、阿蘇長陽大橋の下の 柱状節理 の崩れを歩いて確認!

今日から24日まで、アジア映画満載の映画祭が開幕!

紹介作品4

カンボジア・カタール・仏・独 映画「ダイヤモンド・アイランド」
*経済成長中のカンボジア、それぞれの青春のかけら・・

カンボジアの首都プノンペンに建設中の一大開発地域「ダイヤモンド・アイランド」
ボラは村を出て、この施設の建設現場で働いている。仲間もでき、女の子とも知り
合い、貧しくも楽しく若者らしい日々を過ごしていた。
ある日、5年間行方が知れなかった兄と再開する・・
第69回カンヌ映画祭で SACD賞受賞。

18日の16時~。19日の16時30分~。21日の10時~。99分。

インド・クロアチア・英 映画「FAN」
*シャー・ルク主役二役、魅力爆発エンターテインメント!

ボリウッドの帝王、シャー・ルク・カーン主演のスリラー。デリーに住む
青年ゴゥラヴはスーパースターであるアーリヤンの熱烈なファン。その存在
が人生の全てだった。その行き過ぎた想いが、歪んだものに変わった時・・
帝王が20代青年と往年の大スターを演じ、ダンス、アクションありの見どころ
満載の娯楽作!
17日の10時15分~。19日の13時~。22日の18時10分~。143分。

台湾・中国 映画「健忘村」
*嫌なこと皆で忘れよう!そこには新たな人生が!

清朝が滅んだ頃、僻地の山村を舞台に描くシニカルなファンタジー・コメ
ディ。村に鉄道駅が出来るとの噂を聞きつけた村民たちが浮かれていると、
一人の村民が変死する。そこへ旅の道士が記憶を消すという古代の道具を
持って現れ、村人たちの忘れたい記憶を次々と消していく。
そこには道士の企みがあった・・・。
19日の19時~。21日の16時10分~。


 

アジアフォーカス3

 投稿者:ジョン  投稿日:2017年 9月14日(木)23時32分19秒
  *劇場映画の興業はあんまりやってないので、ジョンの前に忖度?付けるのは
間違いですよ。 ちなみにこの「アジアフォーカス映画祭」は、主催は福岡市の
アジアフォーカス・福岡国際映画祭 実行委員会です。
僕は、映画バカのジョン とか 24時間の映画バカとか。。
台風に負けないで上映を、参加入場する方も楽しんで下さいね!

紹介作品3

マレーシア映画「はぐれ道」
?大人はわかってくれない!少年が目指す場所は!?

1990年代の北マレーシアに生きるタミル系インド人たちの苦悩を背景に、
大人たちや社会への怒りを日々募らせる少年アポイ。
次第に敬愛するマイケル・ジャクソン「BAD」のようなワルの世界に
惹かれていく・・。 マレーシアでは珍しい全編ほぼタミル語の本作は、
2016年マレーシア映画祭で最優秀作品賞を受賞した。
18日の10時15分~。20日の12時30分~。22日の10時~。76分。

タイ映画「頭脳ゲーム」
*テストをマネーに! スリリングに展開するテスト大作戦!

超成績優秀な女子高校生リンは、試験で友人を助けたことから、あるビジネス
を思い立つ。試験中に彼女が答えを教え、代金をもらうというものだ。
様々な手段を講じて試験を攻略する学生たち。リンの売り上げも増加する。
そして多くの受験生の期待を背に受け、大学進学統一試験というビッグ
ビジネスに挑む!
16日の10時15分~。19日の10時~。23日の10時15分~。130分。
?尚、19日の上映後、ナタウット・プーンピリヤ監督出席のシンポジウム有り。

台湾映画「ゴッドスピード」
?仕事は楽勝のはずだった・・予測不能ロードムービー!

ナードウが引き受けた仕事はいたって簡単だった。早朝預かった荷物を届け、
夕方までに戻ってくるというもの。その旅のために乗車したタクシーの運転手
は、奇妙な初老の男だった・・アンダーグラウンドな男たちのドラマがユーモア
に彩られ展開する。タクシードライバーを往年の香港喜劇王マイケル・ホイが
演じる。
18日の18時30分~。21日の10時15分~。24日の14時~。112分。




 

映画は劇場で!

 投稿者:昭和芸能命  投稿日:2017年 9月14日(木)18時02分48秒
  劇場映画の興行師ジョン様に対しては大変申し訳ないですが、今日、カドカワに直接電話して《戦場に架ける橋》のDVDを注文しました。
  第1巻は《トラ・トラ・トラ》、これは買いましたが、続巻は買い忘れ、あっという間に書店から消えていました。とは言え、映画をテレビで観ても〝映画を観た〝とは言いませんよね。
 

映画も一つの冒険?

 投稿者:昭和芸能命  投稿日:2017年 9月14日(木)11時28分8秒
  目の眩むような情報の洪水に圧倒されます。ただ、カネとヒマと、余程の心の余裕と、日々の生活から完全に切り放たれた異次元のシネマモードがピタリと合致しないとヒトは中々映画館まで足を運んでくれません。
常に何かに追い立てられているようなセワシい日常、切迫感、生活実態、まず、それらを克服しないと映画というイリュージョンの世界へはワープ出来ないんですね。ああ、そういう自分が切なく虚しい。
 

レンタル掲示板
/44