teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 6月20日(火)11時17分18秒
  余談ですが、映画ポスター用に貼るのに最適の透明フィルムをamazonで見つけて買いました。
【フジパック】お得用 OPPロールフィルム 透明シート 厚さ40ミクロン 900mm幅 包装などに (900mm×30m)
まあ、好き好きでしょうが。70×30mや50mも有ります。
 
 

サントラと映画

 投稿者:ジョン  投稿日:2017年 6月 6日(火)00時51分53秒
  下記の田中さんの「戦争と人間」の話はよく分かりますねえ!
ジョンもそのオタク的?な所はよく似てる。

セルジオ・レオーネ監督の「ウエスタン」、音楽はエンニオ・モリコーネ。
ツイ・ハーク監督の「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」、音楽は
ジェームズ・ウオン。
山中貞雄監督の「百万両の壺」、音楽は西吾郎。

もうすり減るごとくCDを聴いてる!
特に、上の「チャイゴーー」はサントラが無い!苦労30年でやっと手に入れた!
「百万両ーー」もサントラが無い。ジョンも忖度をアピールしてるけど、まだ
どこからも情報は無い。。

そんなこんなで、サントラ=映画音楽は、映画本体と切っても切れない雌雄の
関係だ!
その雌雄の二つを、今後も熱く抱きしめて楽しむつもりです。


 

ひばりの林檎忌

 投稿者:ジョン  投稿日:2017年 6月 6日(火)00時24分45秒
  先月の29日は美空ひばりの生誕80年ということで、東京から福岡、そして
熊本もひっそりと催ししました。

関係諸団体及び有志の協力、協賛、後援のおかげで、ひばりさんも
喜んで舞い降りてこられました。。
彼女に代わって熱く御礼申し上げます!!

熊本地震復興祈念企画でもあり、チャリティーイベントでしたので、
会場での自由な募金は、経費を引く事なく、全額を関係地区に寄付します!
赤字ではありましたが、これは信念ポリシーの問題です。
(大きな組織は、躊躇なくチャリティーと言いつつ、経費引いての寄付!)

ところで、今月24日は、平成元年に死去されて 林檎忌と言われていますね。
アキエさんの口利きカンパあれば、追悼企画をできますが、本日まで無かった
ので、今年のイベントはパスします。
ひばりさんを偲んで、各々 「りんご追分」でも口ずさんで下さいね。

ジョンは大好きな「りんご追分」の他、「越後獅子の唄」と「角兵衛獅子の唄」
をしょっちゅう車中で掛けています。。
 

昭和芸能命

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 5月31日(水)09時18分54秒
  石原裕次郎DVDマガジンが出ましたね。
昭和の人間なら、まず外せない。もちろん全巻揃えたい、とはいきませんが、『銀恋』『赤いハンカチ』『夜霧よ』辺りは必須。『赤い波止場』『アラブの嵐』『青年の樹』『二人の世界』『世界を賭ける恋』『戦争と人間』~マニアックですねえ。
因みに『戦争と人間 第一部』はサントラ盤を持ってます。当時はビデオで映画を観るなんて夢のまた夢。
しかしながら、この〝音声だけ聴いて〝映像を思い浮かべる、という行為は実に味のあるもので、何度も何度もレコードが擦り切れるほど聴いて、自分の脳裏に刻まれている映像を頭の中のスクリーンに投影させて、自分だけの、自分専用の試写会を満喫できる。
実際に映像を観てしまうより遥かに思いが膨らんで、それはそれは何とも言えない、実写とはまた別の、実にオタク的な桃源郷の世界、陶酔、涅槃、極楽浄土。
いやあ、映画という非現実世界、どうせこの世も夢のまた夢、遊びをせんとや生まれけむ、楽しんでナンボですね。
 

昭和芸能命

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 5月30日(火)18時43分58秒
  主宰者ジョン様、ひばりショーお疲れさまでした。
ジョン様のずば抜けた企画力、実行力、集客力、牽引力があったればこその成功だと思わずにはいられません。
並みの人間では中々ああはいきません。総合プロデュース出来る資質や才能は学んで出来るというものではなく、天与のものですから。
まあ、小生は細部や部分で力添えするくらいが関の山ですが回を重ねる毎に協力のレベルアップが出来ればと思っています。
 

昭和芸能命

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 5月28日(日)22時11分10秒
  網田のひばりショー。お疲れさまでした。スタツフ、関係者、ボランティアの皆さんのご尽力、並々ならぬものを感じました。
世は猫も杓子もインターネット、ウェブ検索真っ盛。ひばりだろうが川上音二郎だろうが東海林太郎だろうがワンクリックで動画が見れてしまう、過剰便利な時代。それだけに、本当に自分が心の奥にしまっておきたい貴重な画像や動画はあえて見ないようにしなくてはいけない。まあ、ちょっと矛盾してはいるけれど。
たとえば、東京ドームでのひばりの『みだれ髪』、ほとんど断末魔とも思える最期の最後の絶唱、2コーラス目辺りで長く延ばした彼女の声が、あの、完璧なひばりの声が、一瞬だけ〝途切れる〝。このシーンを一滴の涙もこぼさずに観れる日本人が果たして何人いるだろうか?
日本人の情緒と魂を根底から揺さぶる、こんな歴史的な究極の映像は、断じて軽々に観るべきではなく、個々人が意図的に自らの胸の底に固く固く封印し、瞼に焼き付けて、永遠に慈しむことこそが彼女への最大のトリビュートではないだろうか。
 

昭和芸能命

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 5月25日(木)11時52分4秒
  〝ろじゃあ・むうあ〝氏、死去。しょおん・こねりい氏には及ばないとしても、ボンド役として一時代を確かに築いた、日本で言うところの〝昭和期〝最後のスタアである。世が世ならば出版各社で追悼特集本が出ても不思議ではないだろうに、三日経てばメディアも報道しない〝過去の人〝だろうか?
惜しい、と言うか、可哀想というか、時間って残酷ですね。
 

昭和芸能命

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 5月19日(金)12時01分55秒
  仮にも戦争世代の父母を持つ我々には、7,80年前、なぜこの国が〝対米英戦という狂気の沙汰〝を演じることになったのか、その歴史や経緯や時代背景を〈教科書が教えないなら〉自らの手で学習し、追求し、2度とこの国を、いや、現政権が、国民を、戦争という最悪の政治状況に至らしめないよう、鉄壁の理論武装をすべき義務があると思う。
憲法9条の改悪が今、正に焦眉の危機として迫る中、我々戦争二世に課せられた使命と責任はあまりにも重い。
昭和をただ単に夢のように懐かしむだけでなく、戦争責任という国家犯罪を弾劾し、昭和という悲劇の時代の総括を、日本人だけで行う大仕事こそが、我々に依然として突き付けられた最大の政治マターである。
歴史の審判は未だ終わっていない。
 

昭和芸能命

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 5月18日(木)21時46分56秒
  日本の芸能界の〝若さ礼讃〝は今に始まったことではないが、邦画に泥臭いリアリティを与えているものは、彼らを脇で支える渋くて老練な、油断のならない役者達であることは論を待たない。
『キューポラ  』のジュンを際立たせているのは、頑固で昔気質の職人の父を演じる東野英治郎であり、劇場版『白い巨塔』の田宮二郎を引き立てているのは、小沢栄太郎・滝沢修・加藤嘉・曾我廼家明蝶、といった一筋縄ではいかない芸の達人達であろう。
 

昭和芸能命

 投稿者:田中高根  投稿日:2017年 5月18日(木)19時03分51秒
  苟も映画ファンを自称する者としては、遅ればせながら、今月3日、天寿を全うされた女優『月丘夢路』氏のご冥福を祈らないわけにはいかない。 戦前から宝塚スターとして活躍、、大映映画のヒロインで本格デビュー。         我々世代には、裕次郎映画の脇役、ヤクザの愛人、銀座の高級ホステス、主人公を惑わすクセのある悪女など、アクの強い演技だけが印象的だが、間違いなく邦画のリアリズムを陰で支えた、昭和の貴重な財産であろう。
時代とはいえ、戦後日本を華々しく飾った、こういうかつての大女優がたいして騒がれもせず逝ってしまうことにたまらない寂寥感を覚えてしまうのは小生だけだろうか?
 

レンタル掲示板
/40