teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「クオリアと人工意識」を読んで

 投稿者:ルカ  投稿日:2021年 5月10日(月)16時08分41秒
返信・引用
  第9章で、「私」の「自己意識」の連続性について、
 『意識には、常に「今、ここ」しか存在しない。一方で、私たちは自分の人生を、生まれ落ちて
ものごころついてからの時間の流れの中で覚えていて、ほぼ一日に一回、睡眠によって
意識の流れが断ち切られるとしても、ずっと同じ「私」が続いてきたと感じている。
「人生って短いな」と慨嘆するときには、前提として、同じ「私」がずっと存在していて、
その「私」が生きている「人生」というものが続いていると仮定している。
 睡眠などで意識が途切れる前後で「私」はいかに続くかという問題は確かにあるが、客観的な
視点から見ればそのような問題さえ実は存在しないように思われる。
 …しかし、実際には、人体を構成する物質は常に入れ替わっている。細胞は分裂と死滅を繰り返す。
神経細胞や、その間のシナプス結合は同じパターンを保ち、だからこそ記憶も保持されるが、
神経細胞やシナプスを構成するタンパク質などの分子は代謝によって少しずつ入れ替わっている。
 「私」を構成する物質は、数週間も経てば入れ替わってしまう。それでも、同じ「私」だと
果たして言えるのか。』
と書かれ、
「セテウスの船」の話から、複製意識について、バートランド・ラッセル(Bertrand Russell)の
「5分前仮説」、アンリ・ベルクソンの「純粋記憶」(pure memory)へと考えて、
 『純粋記憶の問題を追及することは、私たちの自己意識が、この宇宙の全歴史の中で一回だけの
ものであり、一度死んでしまえば二度と戻らないという、自己意識に関する「セントラルドグマ」が
果たして正しいのかどうか、そのことを解明することにもつながっていくだろう。』
と結ばれていますが、
 「私」が「私」であり続けることの理由は、人間には霊があるからだと私は思っています。

 脳機能の研究で、あることをしているときに脳のどこが働いているか、
代謝画像を用いて研究がされ、非常に発展しています(それが代謝を見ているのであるなら、
神経インパルスを直接見ているのではありませんが)。
 大脳で数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個あると言われる脳の神経細胞に対して、
代謝画像の空間的な解像度はどれくらいでしょうか。
 大脳では1立法ミリメートルに10万個ものニューロンが詰まっているそうなので、
用いられている画像の空間的な解像度は、まだまだ及ばないだろうと思います。
 リハビリテーションの世界から離れて10数年経つのでよくわかりませんが、
脳そのものについても、私自身についても、まだよくわかっていないのではないかと思うのです。


 私たちは日常生活の中で、様々なことを感じています。
たとえば仕事をしているときでも、
何時までに電話をしておこう、○○君はちょっと元気がないな、今日のシャツは着心地がいい、
朝食はおいしかった、今日は変換の効率が悪いな、目が疲れた、今月はうちの業績は良さそうだ、
喉がかわいてきた、外で物音がした、昼までにこの仕事に一区切りつけよう、今話をしているのは△△さんだな、
ちょっと暑くなってきた、PCに便利な機能があったはずだが…、出張の精算をしておかなければ、
家族の体調はどうかな、腰がだるくなってきた、ズボンを一本買い足そうか、休憩になったらトイレに行こう、
足がかゆくなってきた、帰る前に机の上を整理しとこう、…とか
様々な考えが浮かんでくると思います。

 これらの思いに対して、すぐに行動しなくとも、
それらに関係する脳の領域が活性化していても不思議でないと思いますが、
それらの考えの一つ一つを、画像から知ることは現状では無理だと思います。

 また、実際に代謝画像を撮る場合(その時に見たい領域はほぼ決まっていると思いますが)、
被験者のする課題は同じでも、その時々で違う考えや感情が浮かんでいるとしても、
解像度が低いので、そういうことが違いとして画像に出にくいことがあるだろうと想像します。
 逆に、ある程度の時間、ある程度の体積の平均値として出るので、
課題等に対して、安定したデータとして見えていると言えるのかもしれません。
 空間的にも、時間的にも解像度が高まれば、さらにいろいろなことがわかってくるのでしょう。

 エピローグで、『昔、ある物理学者(ジョン・ホイーラーだそうです)が、
この世界の電子の質量がみな同じなのは、実はこの宇宙には電子が一個しかないからだと言ったように、
実はこの宇宙には意識は一つしかないのだ。…』
と登場人物に語らせていますが、
 おそらく電子は質量だけでなくその性質もみな同じであり、そして他の粒子も同様だと思いますが、
それは神が造られたからだと私は信じます。
 
 

ウイングレット

 投稿者:ルカ  投稿日:2021年 5月 8日(土)12時02分43秒
返信・引用 編集済
  motoGPマシンのフロントのウイングレットですが、
ダウンフォースに関しては低速域で大きく、高速域ではドラッグが少なく、
操縦性には悪影響を与えないことが要求されるのだろうと思っていたのですが、
2019年のGSX-RRの画像を見たときに、上から見て上下のウイングがずれて面積が大きく見えるウイングレットは
低速のコーナーでのダウンフォースの得やすさに比べて、
高速でのドラッグを少なくしやすいかもしれないと素人考えですが思いました
(低い速度から直線加速するケースはまずないと思いますので、その点では理にかなってそうに思います)。
操縦性に関しては、ロール方向の動きのクイックさが減じるかもしれませんが。

正確に比較できる画像はないのですが、
画像を見直すとドゥカティもそのような考え方が入っているのかもしれないと感じます。
今年のRC213Vも少しずらした配置になっているように思えますが、
実際のところどういう考え方なのかはわかりません。

ヤマハのウイングレットは画像からは形がわかりにくいですね。
他に比べて、後方の流れの制御にも重点が置かれているのでしょうか?

各社とも、カウル全体との関係もあると思います。

ウイングレットの上下のずれに気づく前、バイクがロールしたときに、
下反角が大きくなったり、風の当たり方が変わって、ダウンフォースが増えるようなウイングとか、
直線ではドラッグになりにくいウイングとかできないのか、と思ってましたけど、
各社は当然考慮していたと思います。
 

「クオリアと人工意識」を読みながら

 投稿者:ルカ  投稿日:2021年 5月 8日(土)01時04分40秒
返信・引用
   第8章で自由意思について、ジョン・エックルスがカール・ポパーとの共著「自我と脳」で著した考えを、
『エックルスの考えによれば、心と脳は独立した存在である。そして、心は、物質である脳に作用する。
その作用の場所は、神経細胞と神経細胞を結ぶシナプスである、ここにおけるプロセス、とりわけ、
量子力学的な効果を通して、心は物質である脳に作用する。これが人間の「自由意思」のメカニズムである…。
 エックルスの心と脳の関係、自由意思に関する考え方は、控えめに言っても「大胆」なものである。
物質である脳に人間の意識が作用する機序も、伝統的な科学の枠組みから考えるとそれを受け入れることは難しい。』
と書かれています。

 エックルスの考えが正しいのかわかりませんが、人間の心、意識、思考、知能などを脳から考えるとき、
「量子力学的な考えの転換(?)」が必要かもしれないと思っていました。
もし、脳波を、また神経インパルスをどんなに細かく分析しても、
そこに心や思考や感情などが現れない(クオリア?が現れない)としたら、
脳波や神経インパルスの伝達を、単に電気の流れや波として扱うのではなく、
よりミクロ(高次?)なレベルの法則を探る分析法が必要になるのかもしれない、と思ったのです。
 それは目に見える範囲の物理現象は、ニュートン力学で説明できるが、
よりミクロな現象を説明するためには量子力学が必要であったように、です。

 同じく第8章では、自由意思と拒否権という項目で、
『ベンジャミン・リベット(Benjamin Libet)によれば、ある選択肢が意識に上る前、典型的には約一秒前から、
脳の中にはそれを準備する活動が生まれている。
 また、他の様々な研究グループのデータによれば、意識に上る数秒前、場合によっては十数秒前から、
ある選択肢に向かう神経活動が見られることがわかっている。
時間的なスケールは、神経活動の「シグナル」と「ノイズ」がどれくらい統計的に分離できるかといった状況、
条件に依存しており、実際にはかなり前から選択肢が準備されている事例がある可能性が高い。
…もし、選択肢自体は無意識が準備しているとするならば、意識の働きは何なのだろうか?
 意識は、「拒否権」(veto)の役割を担うものと考えられる。つまり、意識は最終的なチェックを行うのであり、
無意識の準備した選択肢を実行することも、拒否することもできるのである。』
と書かれています。

 リベットの実験から、「自由意思というものは無い」という意見があります。
しかし、意思は人の行動を制御しています。
いろんな考えが浮かんでも、それを実行するかどうかは意志にかかっていると思います。

 以下、感想のようなもの、個人的な考えです。リベットの実験も、他の実験グループの論文も読んでいないのですが、
この課題では、被験者は「手首を動かす」ということを意識しているはずで、日常的な状況とは言いにくいように
思います(何か妙に動かしたくなるということが起こりえるのではないでしょうか)。
 またこの実験は一回6秒以内としたそうです(指示として与えたのかはわかりません)が、
何らかの影響があったかもしれません。
この実験に関しては「6秒以内に、手を動かそうと思って、やめてください」と指示したら、
また「動かしたくなっても動かさないでください」と指示したらどうなるのか、関心があります。
実際にされているのかもしれませんが。

 体が先に反応するということに関して、私たちが運転中に、飛び出してきたものに対して急ブレーキを踏めるのは、
意識的に気づく前(何かを明確に認知する前?)に脳が反応しているからだと言われますが、
そう考えれば、明確に意識する前に体が実際に動いたとしても不思議に思えませんし、
リベットの実験は、ある意味で無目的な動作をするものであるゆえに、不思議な感じを受けるのかもしれません。
 

クオリアとは?

 投稿者:ルカ  投稿日:2021年 4月28日(水)10時22分10秒
返信・引用
  今、茂木健一郎著「クオリアと人工意識」を読んでいます。

まだ半分までいってないのですが、第1章(人工知能と人工意識)の中にクオリアの説明で
『意識の持つ様々な属性のうち、「クオリア」(qualia)はもっとも重要なものの一つである。
クオリアは、例えば「赤」の「赤らしさ」を指す。
あるいは、水の冷たさ、ヴァイオリンの音色、薔薇の香りなどがクオリアである。
 クオリアは、議論することが難しい概念である。
しばしば、意識についての意見のやりとりの中で、「クオリア」を定義することを求められることがある。
どんな定義を与えたとしても、その問いを発した人が満足することは少ない。
 なぜならば、クオリアは、それについての認知的な理解、すなわち「メタ認知」(metacognition)
を持つ人にとっては、これ以上ないというくらいに「自明」なことだからだ。
一方、クオリアについてのメタ認知をまだ持たない人は、それをいくら説明されてもわからない。』
と書かれています。

ここを読みながら、クオリアの観点では錯視をどう考えているのかと思いました(調べたわけではないですが、
錯視は人間が立体的にものを見る、奥行きを感じる、色を感じるなどの能力を持っていることが
関係しているのではないかと想像しています)。

 錯視について、クオリアの観点ではどう考えるのか、ネットを見ると様々に検討されているようです。
ざっと見ただけなのでよくわかっていませんが、この錯視の図をAIが見るとどう認識するのか、と思いました。
 恐らくミューラー・リヤー錯視で線の長さを確認するなら間違わず、ツェルナー錯視では長い線が平行であることを間違わず、
チェッカーシャドウ錯視なら、四角形の明るさを間違わないだろうと思いました(実際はどうかわかりませんが)。

 これらの錯視がクオリアの何を表しているのかは、研究者によって考えが違うでしょうが、
これを見間違えるかどうかで、判断している主体が人間か、機械かの区別するヒントになるかもしれない、
と思いましたが第4章で、チューリングテストについて述べられています。

 錯視のようなことが言語で起これば、もし言語的錯覚?というものがあって人間なら必ず間違うが、
機械なら間違わない、というようなことがあれば、相手が人間か機械かの区別ができるのかもしれないな、
と思いました。単なる思い付きですが。
 本書の中では、人間なら間違わないが、機械なら間違う課題(チューリングテストの欠陥を補うもの)として
「ウィノグラード・スキーマ・チャレンジ」が挙げられていました。

 錯視は視覚のレベルで起こっているのでしょうが、書き言葉のレベルで錯覚が起こりえるか、考えつきません。
注意障害の検査で、赤や青など色の漢字を、黄色や緑など他の色のインクで書いたものを読むものがありますが、
これは皆が同じように間違うものではなく、また一般的な言語のやりとりとは全く違っています。

 聴覚では、聴覚的な錯覚はあるでしょうが、話し言葉レベルでの錯覚があるでしょうか。
あれば、人間か機械かの区別ができるかもしれません。

 VRも錯覚と考えることができるのでしょうが、VRでは仮想空間で物体を触ったり掴んだりします。
 触覚デバイスは、ユーザーに、力や運動などで皮膚感覚にフィードバックを与えるようですが、
感覚を統合する人間の能力が、触っている、掴んでいる、という感覚と関係しているのでしょう。
あるいは期待感のようなものも少しは影響するのでしょうか。
 そんなことを考えながら、将来ロボットはVRを楽しめるのだろうか、と思いました。
そういうことは既にどこかで論ぜられていたり、本書の後半に書かれているのかも知れませんが。
 

Re: 買ってしまったw

 投稿者:ルカ  投稿日:2021年 3月26日(金)12時47分8秒
返信・引用
  昌さんへのお返事です。

ドリライ、楽しかったですね。
皆さん、お元気にされているでしょうか。

TS185、オーバーヒートしたそうで、驚かれたでしょうね。
Takuさんのアドバイスで解決したのでしょうか。
自分だったら、わけわからないのにキャブを触ったり、オイルを変えたりしてそうです。

話は変わりますが、
新型のNC750Xのエンジンが、58PS/6750rpmになりましたね。
NCのような特性のエンジンを、
VTEC(休止させるのではなく、バルブタイミング&リフトを変える)を使って
下のほうは今までのままで、9000回転くらいまで回るようにしたらどうなんだろう?って
思ってました(振動など問題になるかもしれませんが)。

ひとクラス上のバイクに乗ってる人でも、興味を感じるのではないか?と思ったんです、
NCのキャラクターには合わなくなるかもしれませんが。

ヘッドが大きくなって、NCシリーズには積みにくくなるでしょうから
前傾角を62度から起こして前後方向にコンパクトなエンジンにし、
軽いフレームに積んだバイクとかどうなんでしょう。
最近はVTECを使わなくても、低速トルクを出せるそうで、
事情はよく分かっていませんが。
 

Re: 買ってしまったw

 投稿者:  投稿日:2021年 3月22日(月)17時27分37秒
返信・引用
  > No.3983[元記事へ]

ルカさんへのお返事です。

> 2ストですね。軽そうです。
> 下からトルクが出てくる感じでしょうか。
> 大事に乗ってあげてください。

むっちゃ遅レスになってしまいました。

110kgで推定18馬力以上なので見た目以上に速いです。
回さないで走れる感じなのか4000rpmもあればいい感じのトルクが出てます。

ただ設計が古すぎるのと活躍の場がアフリカとか南米の農場なんで使える速度がと連続稼働時間が短くて、こないだ第三京浜でオーバーヒートしました(汗


ドリライスタッフだったTakuさんが2ストバイクについてよく教えてくださるので助かってますw
 

Re: 買ってしまったw

 投稿者:ルカ  投稿日:2020年12月15日(火)00時06分29秒
返信・引用
  > No.3982[元記事へ]

2ストですね。軽そうです。
下からトルクが出てくる感じでしょうか。
大事に乗ってあげてください。
 

買ってしまったw

 投稿者:  投稿日:2020年12月 7日(月)02時19分20秒
返信・引用
  自動化、電子制御が当たり前になりつつあるこの時代に
TS185ERなんて言うバイクを買ってしまいましたw

2014年式の新車ですw
空冷2スト単気筒のスズキ国産のオフ車ですw

Takuさんが2ストバイクについていろいろ教えてくれたりしますw

 

動画です その2

 投稿者:ルカ  投稿日:2020年10月12日(月)21時23分24秒
返信・引用 編集済
  人間の思考の多様性を考えるヒントになると思います。
AIとの違いを考えても面白いと思います
(AIのことがわかっているわけではないですが)。

How language shapes the way we think | Lera Boroditsky
https://www.youtube.com/watch?v=RKK7wGAYP6k
言語の違いが認知・思考に与える影響について、分かりやすい例をあげています。

ピーター・ドゥーリトル: 脳の「作業記憶野」による認識とは?
https://www.youtube.com/watch?v=UWKvpFZJwcE
意識や日常の思考についてふれてます。
 

マイナンバーカード+運転免許

 投稿者:いけひろ  投稿日:2020年10月12日(月)14時40分5秒
返信・引用
  …が、検討されているそうです。

運転免許とマイナンバーカードの一体化案
実際には、マイナンバーカードに運転免許情報を持たせる形になるのかな?

あー、コレは良いですね。
小学校卒業くらいで拒否者以外は全員に未成年用マイナンバー&自転車免許を発行して、自転車の交通違反も責任を問えるようにすると良いと思います。学校の授業とテストにも交通法規を導入して欲しい。

そして、中学生時代に交通違反の無い人は、速度制限機構付きのフル電動自転車を高校生から免許試験を試験場に受けに行かなくても乗れるようにして欲しい。

さらに、高校生3年間自転車通学で無事故無違反の人は、自動車免許取得費用が安くなるとか あっても良いと思います。
 

レンタル掲示板
/276